新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みについて

新型コロナウイルスへの対応について

 

お客様各位

日頃より茨城県立国民宿舎「鵜の岬」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
今般、新型コロナウイルス感染症が拡大している現状のなか、
お客様の安全確保と予防措置および衛生管理対策といたしまして、下記の対応を行っております。
皆様に安心して施設をご利用いただくため、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

①お客様にはマスクの着用・来館時の検温・及び館内各所にて手指の消毒にご協力をお願いしております

 

 

②予防対策期間中は、バイキング(ビュッフェ)形式の朝食を休止し
 お1人様ずつの「和食プレート」をご用意しております
※会場入口にてアルコール消毒の御協力を頂いており、食後各テーブルのアルコール消毒をしております

 

 

 

③全スタッフが衛生マスクを着用して業務にあたっております

 受付カウンターにはアクリル板を設置しております

 

④平常の館内清掃に加え、手摺やドアノブ等の消毒・殺菌清掃はもちろん
 施設管理スタッフがバックヤードを含めた全館の巡回消毒を実施しております

 

 

 

⑤全スタッフ及び取引業者はバックヤードでの手洗い及び手指の消毒を徹底しております

 

 

⑥全スタッフに勤務前の体温測定を義務付けています
万一、37.5℃以上の発熱があった場合や発熱等の風邪の症状がみられ,

だるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合は自宅待機となります

なお、体温測定時は非接触体温計を使用しております

 

全客室にはお客様が開閉・換気の出来る窓がございます

 

⑧ 『いばらきアマビエちゃん』を導入いたしました
 「いばらきアマビエちゃん」は、ガイドラインに沿って
 感染防止に取り組んでいる事業者を応援するとともに、
 感染者が発生した場合に、その感染者と接触した可能性がある方に対して
 注意喚起の連絡をすることで、感染拡大の防止を図ることを目的としたシステムです。

 

トップページへ戻る